先輩たちのインタビュー

– INTERVIEW –

日常業務インタビュー

employee02

R・G(2020年入社)
デジタルソリューション部

東京システム技研を選んだ理由は?

就職活動に先立って「これからの時代を牽引するパワーは…」と業界研究を重ねた結果、ターゲットをICT業界に絞っていきました。もちろん、未知の世界に飛び込む不安がなかったわけではありません。しかし、TSLの会社説明会で、多くの先輩達がシステム構築未経験者でも、充実した研修体制や実務経験を通じて、ICTプロフェッショナルとして活躍していることを知り、「ここなら頑張れそうだ」と確信しました。実際に入社してみて、半年の研修期間を終えてプロジェクトに配属されてから、日々さらに実戦的な学びの機会に恵まれ、成長を実感しています。

やりがいや苦労、忘れられない仕事は?

入社して1年ほどたった頃、クラウドのセキュリティ管理ツールに係わるプロジェクトに参加しました。主にプログラミングを担当しましたが、研修で学んだJavaの知識はもとより、私にとっては初めての新しい言語、TypeScriptやhtmlが求められました。そこで、先輩たちの成果である既存ソースコードを調べたり、アドバイスをもらったり…。次第に、自分でもコードが作成できるようになりました。その後のテスト工程で、コードの不具合も発見されましたが、それまでの理解度の蓄積のおかげで自らバグを修復し、トラブルの芽を摘むことができました。
1日の
スケジュール
9:30
出社
メールチェック
10:00
開発作業
12:00
社内でランチ・休憩
13:00
打合せ・開発作業
19:00
退社

employee02

R・H(2020年入社)
製造ソリューション部

東京システム技研を選んだ理由は?

会社説明会で先輩社員の業務説明を聞き、仕事にかける情熱やプライド、堂々としたプレゼンテーションの姿勢などに感動。「こんな人になりたい」と憧れ、将来の自己の成長を思い描きました。理系とはいえ理学部出身なので、ICTは全く未経験の分野でしたが、半年間の研修やその後のOJTなど教育体制の充実を知り、不安も払拭されました。

やりがいや苦労、忘れられない仕事は?

目まぐるしく進化し続けるICT業界は、身に着けるべき知識の多さが特徴です。特にデジタルソリューション部は、お客様の業種やシステム形態も多種多様。それだけに、仕事内容も参加プロジェクトごとに毎回異なります。さまざまな言語や技術、工程を経験することができるので視野も広がり、それが仕事のやりがいともなっています。
1日の
スケジュール
9:00
出社
メールチェック
10:00
打合せ・開発作業
12:00
ランチ
13:00
打合せ・開発作業
18:00
退社

employee02

A・Y(2020年入社)
デジタルソリューション部

東京システム技研を選んだ理由は?

就職活動では「進化著しいICT業界で、確かな技術を身に着けて、自己の価値を高めていきたい」と考えていました。私は文系出身ですが、出身学部に関わりなく先輩達が活躍しているTSLに惹かれました。さらにAIやIoT、クラウドなど、新しい技術領域にも積極的に取り組み、確かな成果を上げている点にも、魅力を感じて入社しました。

やりがいや苦労、忘れられない仕事は?

現在、設計~プログラミング~試験に至る一連の開発プロセスを担っています。新しい技術の調査結果や自らの提案がプロジェクトに採用された時の嬉しさは、ひとしおですね。技術に関する日本語のドキュメントが意外と少なく、技術/障害調査では期待する結果が得られない場合もあります。しかし、そんな苦労も自己の栄養になっていくのです。
1日の
スケジュール
10:00
出社
メールチェック
11:00
開発作業
12:00
昼食
仮眠
13:00
顧客打ち合わせ
開発作業
19:15
退社

employee02

A・S(2018年入社)
製造ソリューション部

東京システム技研を選んだ理由は?

研修体系が充実しており、情報処理を専攻していなくても、第一線のプロに成長できる環境が整備されていることに惹かれました。会社訪問時の人事担当者の真摯な対応、さらに役員面接で役員の方々が「当社の○○が」とその活躍を語る姿に接し、社員ひとり一人に注がれる眼差しの暖かさを感じたことが、入社を決意する決め手となりました。

やりがいや苦労、忘れられない仕事は?

想定通りのシステムが完成し、お客様に喜んでいただいた時に、大きなやりがいを感じます。そのために、まず分かりやすい資料づくりや説明を心掛けています。最初に確かな意思一致と相互理解を図ることで、その後の進捗もスムーズに運ぶからです。現在、新人の教育役も担っていますが、後輩達にはそんな基本動作の大切さを伝えています。
1日の
スケジュール
9:00
出社
メールチェック
10:00
打合せ・開発作業
12:00
社内でランチ
13:00
打合せ・開発作業
18:00
退社

employee02

K・M(2020年入社)
デジタルソリューション部

東京システム技研を選んだ理由は?

以前からモノづくりへの憧れが強く、その中でも新しい時代の牽引力となるICTに、興味を抱いていました。TSLは研修期間が長く、充実しているのが魅力です。新人研修に長い期間を設定できるのは、財政面がしっかりしており、長期的視点で社員の戦力化と働く環境整備を目指しているからにほかならない、と確信して志望しました。

やりがいや苦労、忘れられない仕事は?

現在、WEBアプリケーションを担当。詳細設計からテストまでを、受け持っています。自分の書いたソースコードが、実際に動作するのを見た時の嬉しさは格別です。さらに他のメンバーの開発成果との結合の中で、アプリが完成していくプロセスは、まさにモノづくりのダイナミズムそのもの。慎重さとスピード感のバランスを、大切にしています。
1日の
スケジュール
9:00
出社
メールチェック
10:00
開発作業
12:00
社外へランチ
13:00
進捗報告・開発作業
18:00
退社

employee02

A・T(2013年入社)
金融ソリューション部

東京システム技研を選んだ理由は?

ちょっと卑近な話ですが、会社が立地する新宿は自宅から電車で10分圏内。以前からショッピングなどでも馴染みが深く、交通フットワークの良さや利便性の高さに、勤務環境としての魅力を感じました。さらに、『ヒートアイランド現象のシミュレーション』をテーマとした修士論文で、プログラミングを学びましたが、「この会社なら、そんな知識や経験が活かせるのではないか…」という期待もありました。実際に会社訪問してみて、フランクで風通しの良い雰囲気を感じ、自分らしく自然体のまま活動しながら成長を託すことができそうだ、と実感しました。

やりがいや苦労、忘れられない仕事は?

現在、アプリケーションリーダーとして、クレジットカード会社や銀行のコールセンターシステムの更改・改修案件を担当。進捗管理やお客さま満足の追求に務めています。以前参加した、食品工場の基幹システム開発プロジェクトで、初めてお客さまと直接お会いして、ビジネス課題をお聞きしたり、それに基づくシステム要件をやりとりする機会を得ました。完成したシステムは「TSLのおかげで、業務効率が向上した」とお褒めの言葉をいただき、社内報にも成功事例として掲載されました。これを機に、次回の機能追加や改修案件は、指名発注していただきました。
1日の
スケジュール
9:00
出社・メールチェック
作業内容確認
10:00
打合せ・開発作業
12:00
お昼休憩
13:00
打合せ・開発作業
18:00
退社

employee02

T・K(2002年入社)
金融ソリューション部

東京システム技研を選んだ理由は?

就職に際しては「日本の製造業、特に半導体業界で働きたい」と考えていました。とはいえ、電気・電子を専攻したものの、生産管理に係わるCIM(Computer Integrated Manufacturing:コンピュータ統合生産)分野に明るかったわけではありません。しかしTSLでは、入社後に未経験者にもプログラミング研修が用意されていることを知り、入社を決断しました。また、出身地の北陸にも関連会社があり、将来的には地元に帰って働く選択肢があることも、入社意欲を後押しする追い風となりました。

やりがいや苦労、忘れられない仕事は?

入社時の希望通り、液晶TV工場の歩留管理や半導体製造管理をはじめ、電子基板CADソフトの機能開発や大手流通グループ企業の食品生産管理など、幅広いシステム案件に関わることができました。現在は金融系コールセンターのシステム刷新プロジェクトで、新サービスへの切替え方式の検討や計画立案などを担当。後輩たちの育成にも努めています。ICT業界は進化の足が速く、常に新技術や手法の習得が求められます。日々新鮮な発見や学びがあり、モチベーションや挑戦心を燃やして仕事に励んでいます。
1日の
スケジュール
9:30 ~ 10:00
出社
メールチェック、作業確認
10:00
打合せ・開発作業
12:00
同僚とランチ
13:00
打合せ・開発作業
19:00 ~ 20:00
退社

employee02

S・O(2005年入社)
製造ソリューション部
課長

東京システム技研に入社したきっかけは何ですか?

合同企業説明会において、人事担当の説明が分かりやすく、印象が良かったことがきっかけでした。事業内容や社風、就業状況などの説明を受け、東京システム技研なら、自分の意見を積極的に発信することができ、多種多様な経験を積むことができる企業だと思い、入社することを決めました。

入社してからどんな仕事をしましたか?

入社後は、半導体向けのCIMシステムの開発を担当する部署に配属され、入社3年目までは主にプログラミングを担当しました。その後もモバイルフォン向けのシステム開発や大手新聞社向けのシステム開発など、様々な分野の開発業務を経験してきました。現在ではプロジェクトリーダーとして複数のプロジェクトを担当しており、自ら開発を担当するとともにプロジェクトの管理業務も行っています。
1日の
スケジュール
9:00
出社
メールチェック
10:00
打合せ・開発作業
12:00
同僚と社外へランチ
13:00
打合せ・開発作業
18:00
退社
(部活動の日もあり)

employee01

T・S(1999年入社)
金融ソリューション部
副部長

東京システム技研に入社したきっかけは何ですか?

文系出身なので、入社後の教育体制を考慮し検討を重ねる中で、新人研修制度が一番充実していた点にひかれて、入社を決めました。
また、資格取得支援制度が完備されており、目標設定や達成度の確認など、自らを励まし成長を加速させる意味でも、私たち文系出身者にはありがたい、と感じました。

忘れられない仕事は何ですか?

全国5拠点・1,200台のPCがつながる金融系コールセンターシステムの刷新案件は、協業企業とも連携し2年半の工期をかけた大プロジェクトで、大変印象深いものでした。
カットオーバー時には、チーム総出で各拠点に出張支援。無事に移行を実現したときの大きな達成感が、何よりのご褒美となりました。
1日の
スケジュール
9:00
出社。メールチェックと
作業の整理
10:00
チーム打ち合わせ
提案資料作成
12:00
社内でランチ
または、移動中にランチ
13:00
顧客打ち合わせ
商談
17:00
チームメンバーの
作業状況チェック